• 弊社の交通安全教育・指導内容につきまして

弊社の交通安全教育・指導内容につきまして

弊社マルタケ運輸のような運送会社にとって最重要課題は交通事故・トラブルの抑止です。

モノを運ぶという仕事の性質上、配送先のお客様、ひいてはその先の消費者の方々になるべくリーズナブル且つ迅速にお届けしなければなりませんが、配送スピードや効率化を優先してしまう余り"交通事故やトラブルを起こさない"という最も大切な課題=安全性を疎かにしてしまわないよう、技能・マナー講習やドライバー面談など年間を通して取り組みを続けています。

弊社では昨年より安全・車両部門の刷新と同時に元埼玉県警察警務部主席調査官・澤登氏を迎えて新体制を発足、まずは経験の乏しい新人ドライバーへの入念な研修と安全・車両部職員の同乗運行、次に運転知識・安全教養・技術講習・マナー教育といった座学研修の徹底、万一の際は事故原因の調査分析と再発防止策の検討、また頻繁に拠点・営業所を巡回し個別面談を行うことでドライバーのモチベーション低下の防止と安全運転意識の向上に努めてきました。

事故・トラブルの削減はドライバーの運転技術や意識向上でのみ達成し得るものではなく、営業部ではなるべくドライバーの負担にならない業務の企画提案を進めるとともにデジタルタコグラフやドライブレコーダー、バックアイカメラなど運転のサポートや運行状況を集中管理する機器を導入(※1)、安全・車両部では前述のような活動に加えタイヤ・部品等の定期的な点検・検査といった保有車両の包括管理、人事・総務部からは休日出勤や残業の削減を直接現場に呼びかけることで過剰労働の抑止とコンプライアンスの遵守を進めています。

また弊社では旧来の”運送業界=過酷な労働”といったイメージを払拭するべく、同業他社に先駆けて短時間業務の導入や出勤日を大幅に減らした新しい勤務体系を提案しています。これからもドライバーに対しての体力的・精神的な負担の軽減と安心して働ける体制づくりに会社全体が一丸となって取り組むことで交通事故・トラブルの削減を目指していきます。


COPYRIGHT © MARUTAKE-TRANSPORT INC. ALL RIGHTS RESERVED.