SUPER GT 2021シリーズ FUJI

マルタケ運輸は、世界最高峰のGTレース SUPER GT 2021シリーズ GT300クラス『BMW Team Studie』を応援しています。


Round8 FUJI
2021/11/27 予選 予選のレポートはこちら (BMW Team Studie公式サイト)
2021/11/28 決勝 決勝のレポートはこちら (BMW Team Studie公式サイト)


年賀状廃止のお知らせ

令和3年12月吉日

お取引先様 各位

マルタケ運輸株式会社
代表取締役社長 武田 功

年賀状廃止のお知らせ

拝啓 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、弊社では甚だ勝手ではございますが、環境保全や昨今の社会情勢を鑑みすべての取引先企業様に対して年頭の挨拶にお届けしておりました年賀状を控えさせていただくことといたしました。

何卒ご理解賜りたくお知らせ申し上げますとともに 今後とも倍旧のご厚誼を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

敬具

SUPER GT 2021シリーズ MOTEGI

マルタケ運輸は、世界最高峰のGTレース SUPER GT 2021シリーズ GT300クラス『BMW Team Studie』を応援しています。


Round7 MOTEGI
2021/11/6 予選 予選のレポートはこちら (BMW Team Studie公式サイト)
2021/11/7 決勝 決勝のレポートはこちら (BMW Team Studie公式サイト)


『物流ウィークリー』掲載//ほっとけない存在//

『物流Weekly』11/1新聞記事に掲載していただきました。



【記事抜粋】

・マルタケ運輸では今年、システム課に新卒で入社した松本が紹介された。
・同年代の社員がおらず不安はあったが、先輩社員が気軽に話してくれたのですぐ不安はなくなった。
・長い期間で計画を立てて新人教育を行っていく。
・今後の抱負は「システムを通して利便性を高められるように頑張りたい」


今後もシステム課では、利便性だけではなく、サービスや生産性向上のために業務を行っていきます。

『物流ウィークリー』掲載//一気通貫サービスを提供//

『物流Weekly』10/18新聞記事に掲載していただきました。



【記事抜粋】
・マルタケ運輸では現在、所沢流通センター、厚木金田センター、横浜町田センターを運営している。今回はその中で、2200坪の広さを有する横浜町田センターが紹介された。
・コロナウイルスの影響で、業界全体の業績が悪化している中で、横浜町田センターでは強みを活かした運営をしている。
・その強みとは立地の良さを活かし、保管から物流までの「一気通貫サービス」を行えることである。


上のイメージ図のように当社が持つ強みである輸送を加えた一気通貫サービスを展開することができます。お気軽にお問い合わせください。


コメダ珈琲店 草加店の紹介

グループ会社アーネストカーゴ株式会社にてコメダ珈琲店のフランチャイズを埼玉県内3店舗(草加店、ららぽーと新三郷店、吉川美南店)千葉県内1店舗(テラスモール松戸店)の運営をしております。

お近くにお寄りの際は、是非ともお立ち寄りいただけましたら幸いです。



協会けんぽ「健康宣言証」の取得


マルタケ運輸は、全国健康保険協会に健康企業宣言を行い「健康宣言」-宣言証-を取得しました。

「健康宣言」とは、経営者が職場環境や従業員の健康に配慮して、戦略的に実践することであり、全国健康保険協会 埼玉支部のサポートを受け、経営理念に基づき実施をしてまいります。

また、一定の成果を上げた場合には、全国健康保険協会より「健康経営優良法人」として認定されますので、「企業全体で従業員の健康づくりに取り組むこと」を宣言し、従業員が将来にわたって健康で元気に働くことができるよう『健康経営』の推進に継続して努めてまいります。

協会けんぽ→ 「健康宣言」STEP1 参加企業一覧


e0b6381353d5df0798a21e90a11cafd3

『物流ニッポン』掲載//現場主義貫き幅広く活動//

『物流ニッポン』2021年08月10日の新聞記事に掲載していただきました(横浜町田センターにて)
 倉庫・物流センター詳細へ


【記事抜粋】
・横浜町田センター(神奈川大和市)まもなく2周年
・コロナ渦においても稼働率80%以上を維持
・現場主義を貫きコロナに負けないセンター安定化を目指す
・3駅(小田急: 中央林間・南林間 / 東急: つきみ野)が徒歩圏

※写真はセンター開設時の写真です。


運輸デジタルビジネス協議会への参画

運輸デジタルビジネス協議会(通称TDBC)とは、1社では解決が難しい運輸業者の課題をサポート企業様を含めディスカッションし、実証実験をしながら「気づき」を得て解決に導く活動になります。


マルタケ運輸では、『事故撲滅』を大きなテーマとしたワーキンググループに参画しています。
他社の事故撲滅への取り組みを参考にし、様々なサポート企業様からのアイデアや同業他社の取組事例を検証し、ICTの活用や最先端技術の活用を検討、実証実験を通して「気づき」を得てきました。


今回のテーマ「360度カメラを使った乗務員教育」を実証実験とともに深堀り検証しましたので、下記リンクより、資料とともに発表動画がありますのでご確認いただければ幸いです。


https://unyu.co/forums/2021-online.html



一緒に課題に取り組んでいただける、または情報共有したい方の参加も広く募集しております、詳しくは、TDBCホームページよりご確認ください、よろしくお願いします。