『車両出入口音声センサー フォーミルⅡ』設置しました

関東では、ここ数日梅雨空が続くと予想されており、
梅雨明けまではもう少しのようです。

雨の中での安全運行は気を使うものですが、
駐車場を出る際にも周囲への安全を守りたいという思いから、
本社に車両出入口音声センサー「フォーミルⅡ」を導入設置をしました。



駐車場から出庫する際に、光と音声ブザー音にて走行車や歩行者への注意喚起をし周辺の安全を守り出庫から帰庫まで安全運行に努めていきます。

『物流ニッポン』掲載 //風通しの良い職場目指し//

『物流ニッポン』の2020年06月23日の記事に掲載していただきました

インタビュー:所沢営業所 所長 八津尾 和人
    場所:所沢営業所


【抜粋】
・2020.4.1 所沢営業所所長就任
・入社20年、ドライバ17年間無事故、配車担当から副所長を経て
・新型コロナの影響で顧客回りを自粛中に出来ることを最大限に
・同じ制服・同じ目線で風通しの良い職場を目指す


以上、今後とも変わらぬお引立てのほど、宜しくお願い申し上げます
ドライバー募集しております、気軽にお問い合わせください。

所長 八津尾


前所長の記事(2020.2.11)

初夏’2020

自生したコキアが青々と力強く、草花が初夏に色づいております
空には白い雲がもくもくと 梅雨の訪れをいまかいまかと。

今日にも緊急事態宣言が全国で解除されるようですが
予断を許さず、引き続き緊張感をもって従業員と関係者の安心安全を守るべく

ドライバー職には、体調・体温管理、マスクと除菌剤の配布を徹底
事務職には3密を意識、リモート会議、テレワーク、サテライトオフィス活用、時差出勤の実施を継続。

今後も、段階的に柔軟にビジネス様式をかえつつも、一歩一歩力強く。

2020年春 新車トラック納車

大型トラックを含め新型トラックが納車されました。老朽化したトラックが大きな故障するまえに整備の負担を減らすため、さらに安全に運転できる環境を整えることを目的としています。
また、新しいコースで新たに利用されるトラックもそれぞれラッピングを済ませたあと各営業所に配置されました。

新しい先進設備を活用し、今後も安全運転に努め社会貢献できるよう配送業務にあたってまいります。「新車トラック紹介」動画で新車の様子が観られます。


新車トラック紹介

年次全体会議(コロナ対策:WEB会議)


年次の全体会議を実施いたしました。新型コロナ感染拡大の防止、3密「密閉」「密集」「密接」を作らないよう極力集合での会議を自粛しました。


各拠点からはWEB会議を利用しリモート参加。主会場では2mの間隔をあけ参加


社長あいさつ
・2019年度振り返り
・2020年度の目標
・中長期計画

各部門代表より
・ 2020年度の目標

コロナウィルス対策 -感染拡大の防止-

国内での新型コロナウイルス感染拡大を受け日本各地で拡大を防ぐための対策がなされております。
マルタケ運輸でも、『集団の場所に行かない』『手洗い』『アルコール除菌』『咳エチケット』『換気』の徹底を周知しております

また、発熱など風邪の症状が見られるときは、管理者に連絡をし毎日の体温を測定・記録する。風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合には、国が定める対応をすることも周知しております

今の時期を重要とし、全社一丸となって感染拡大の防止に取り組んでいきます

女性の働きやすさを配慮 『物流ニッポン』掲載

物流ニッポン』の2020年2月11日の記事に掲載していただきました

 インタビュー:所沢営業所 所長 五十嵐 淳一
     場所:所沢営業所

【抜粋】
・社内キャリア制度によりドライバー職から管理職へ
・女性が働きやすい職場環境を考慮
・整理整頓やニオイ対策等を実施、明るい職場へ
・車両の稼働率を高める配車計画を実施し、売上UP
・所長就任2年目、次の施策に向けて非常にやりがいを感じています

以上、今後とも変わらぬお引立てのほど、宜しくお願い申し上げます
ドライバー募集しております、気軽にお問い合わせください。

所沢営業所 所長 五十嵐

早春’2020 ~梅の開花~

まだまだ寒さ厳しい日々が続きますが、皆様お体にお気をつけて下さい。

マルタケ運輸に、一足早い春の訪れを、梅の花が告げてくれました
敷地内にひっそりと咲いてくれている他の花々とともに。

白梅の花言葉は「気品」だそうで、凛とした人でありたいと
引き締まる思いに。

令和2年(2020年)2月、本格的な春の訪れを
心待ちに。


厚木金田センター稼働 -2020/2月-

このほど、倉庫運用第二弾としまして、
2020年2月より厚木市に厚木金田センターの開設がされました。

マルタケ運輸では、昨年、2019年5月 に倉庫事業部が新設されました。
倉庫運用第一弾としまして、2019年10月より大和市に横浜町田センターを
開設しての第二弾となりました。

今後も倉庫事業部としては拡張を目指し将来的には、首都圏で10ヶ所以上の倉庫を
構え、冷凍冷蔵にも参入する計画です。

これもひとえにお客様・パートナー企業の皆様のご支援、ご愛顧の賜物と
心から感謝いたしております、今後ともよろしくお願いします

厚木金田センター
〒243-0807 神奈川県厚木市金田1095
約 5,000坪

横浜町田センター
〒242-0001 神奈川県大和市中央林間7丁目
約 2,200坪

新車10台が納車されました -2019.11-

2019年11月 4tトラック8台、3tトラック1台、バン1台が納車しました

新型車両には、フロント・テールランプともにLEDランプを採用し、
顔認識による居眠り防止、PCS衝突軽減装置、車両ふらつき・車線逸脱警報装置
ブレーキオーバーライドシステム等の先進安全装置を搭載しております。

これから各拠点に割り振られ、
新しいトラックと共に新たな気持ちで安全運転につとめていきます。

トラックのデザインは、純白の車体に太陽光を表すサンバースト・イエローのモチーフと
温かみのあるロゴマークを配置し、お客様や地域の方々により親近感を抱いていただける
デザインをコンセプトにしております。

新しいトラックとともに今後ともマルタケ運輸をよろしくお願いします。