4月 2018アーカイブ

ブランパンGTアジア 決勝レポート~Round.1-2 マレーシア~

マルタケ運輸もスポンサードさせていただいているレーシングチーム『BMW Team Studie』ですが、昨年までのスーパーGTに代わり今年からはブランパンGTシリーズアジアに参戦。弊社Webサイトでも年間通して全レースのリザルトを掲載していきたいと思います。

・ブランパンGTシリーズアジアについてはこちら(外部サイト)

シリーズ第1戦が行われたのはマレーシアのセパンインターナショナルサーキット。

ブランパンGTシリーズアジアではRace.1とRace.2の2回に分けて決勝レースが行われますが、まずは4/14に行われたRace.1。

天候に恵まれドライコンディションでスタート。複数回発生したコースオフ車両の発生によるセーフティカー導入や、BMW Team Studie内でも無線機器のトラブルなどアクシデントが発生したもののチームは冷静に対応し4位と6位でフィニッシュ。表彰台まであと一歩というところでした。

そして翌15日に行われたRace.2、BMW Team Stdieの2台は問題なくスタートを切り順調に周回を重ねるもPITストップのロスでポジションをダウン。その後トップ集団を追い上げ、最終ラップでは先頭のTeam iRaceWinと猛接戦を繰り広げるもわずかに0.15秒差の2位でフィニッシュ。

新たな環境で挑む新シリーズ初戦ということで、発生する様々なトラブル・アクシデントに的確に対応し、わずかな差で優勝は逃したもののRace.1・Race.2とも安定した成績を残し、チーム得点では暫定首位に立ちました。今後さらなる前進を期待せずにはいられません。

———- 以下代表鈴木康昭チーム代表兼監督のコメント ———-

「Race.2は、非常に残念ながら81号車が0.15秒差で2位、82号車が5位という結果になりました。昨日のレースもそうでしたが、この(自分たちにとって)新しいシリーズ独特のレギュレーションに対し、まだ改善の余地があることがよく分かったレースでした。そのなかにあって、ドライバーの頑張りで2位と5位を掴みました。応援して下さった皆さまもそうだったかと思いますが、非常に悔しいレースでした。問題点を改善し、近いレースで勝利します。皆さま引き続き応援よろしくお願い致します。」

新デザイン車両納車開始!

マルタケ運輸では昨年(2017年)を「チェンジ」の年とし、武田功社長の音頭の下、様々な構造改革に着手しました。勤務体系、安全体制の見直し等、制度面はもちろんですがロゴマークや看板といった目に見えるアイコンの刷新も行いました。

そして新しくなったロゴマークとコーポレートカラーでデザインされた新車の納車が徐々に始まりました。

シンプルな純白の車体に太陽光を表すサンバーストイエローのモチーフとロゴマークのみを配置し、旧来の「運送会社」という固いイメージを払拭し、お客様や地域の方々により親近感を抱いていただけるようユニバーサルなデザインをコンセプトとしています。

今後は車両の交換ごとに新デザインの車両に変更し、数年以内に弊社で車両を保有するすべての拠点・営業所に配備される見通しです。

Webサイトのマイナーチェンジを行いました

いつもマルタケ運輸のWebサイトをご覧いただいているみなさま、誠にありがとうございます。

この度弊社のWebサイトに関しまして、一部仕様変更・改変を行いました。Web業界では、パソコンからのアクセスがおよそ9割を占めていた2000年代と打って変わり、スマートフォンやタブレット等の携帯端末からのアクセスが過半数を超える程になりました。今後この傾向はより加速するものと思われます。

弊社ではマルタケ運輸の他に、関連会社であるアーネストカーゴ株式会社、エムティオートサービス株式会社のWebサイトも一元して運営・管理していますが前述の携帯端末から快適に閲覧していただけるよう最適化を施しました。

またお客様や関連業者さまから寄せられるお問い合わせ等、Webを通してやり取りされるデータの漏洩・不正なアクセスを防ぐべくSSL技術による暗号化通信を徹底しました。今後も日々進化するネット犯罪手口の把握と、それに対応し得るセキュリティ技術の取入れを可能な限り行い、アクセスしていただく方々により安心して弊社のサービスをご利用いただけますよう努めてまいります。

▼ マルタケ運輸株式会社
https://marutake-transport.co.jp

▼ アーネストカーゴ株式会社
https://earnest-cargo.co.jp

▼ エムティオートサービス株式会社
https://mt-auto.co.jp

マルタケ運輸グループ全体会議を行いました (2018年度、春季)

恒例となりましたマルタケグループ全体会議(春季)を大宮ソニックシティにて行いました。

マルタケ運輸株式会社の他、アーネストカーゴ株式会社・エムティオートサービス株式会社のグループ三社から各部門の代表者30名が出席。まずは弊社代表取締役・武田功(たけだいさお)の開会あいさつ・新年度の方針説明から始まり、その後各部門からの業績発表、今後の課題と方針の討議へ。

安全指導員育成と女性積極雇用の2つのプロジェクトの活動報告では、メンバー紹介、活動概要、実績、現状の説明と来年度の計画を発表。この2つはグループ全社で推している重要プロジェクトであり、本社と各拠点営業所で一丸となって進める安全研修・講義や女性雇用に向けての幅広い環境整備などを必須課題とし、新年度には絶対に達成しなければならないと考えています。

春の全体会議が終わるとすぐに新年度が始まりますが、これまでの課題の是正・改善と更なる躍進を誓い合い、無事終了と相成りました。