12月 2018アーカイブ

安全講習:富士営業所

当社富士営業所にて、安全指導課が定期的に行っているドライバー向け安全教養を行いました。

ドライバーの皆さんを対象に、運転の基本である『認知・判断・操作』について振り返るとともに、プロドライバーが陥りやすい認知ミスについて掘り下げて説明しました。

運行管理者不足と安全運行の課題に取り組む

マルタケ運輸では、日頃より運行管理者不足の解消と安全運行徹底の課題に取り組んでいます。

従来の運行管理を一部ロボット化することで、より効率的なオペレーションを策案出来ないかと考え、株式会社ナブアシスト様のご協力のもと「Tenko de Pepper」のデモンストレーションを行いました。

「Tenko de Pepper」は、法令で求められる対面点呼(本来は人間同士で行われる)を補完する形で運用され、①アルコールチェック ②免許証チェック ③本人確認 ④体調管理 ⑤運行指示・指摘事項の伝達を支援し、何らかの異常が発生した際には、管理者へ通知が届く仕組みになっています。

今回のデモを通して、人手の不足しがちな深夜や早朝の点呼の負担を軽減し、労働力確保難や働き方改革に伴う労働時間の削減、安全運行管理の一助としてロボットによる点呼の可能性や課題を探求していきたいと考えています。

点呼の様子(8倍速)「本人確認」→「アルコールチェック」→「体調確認」→「注意事項確認」

エコドライブ研修の報告

12/5、日野自動車様のお客様テクニカルセンターにてエコドライブ研修を実施しました。

マルタケ運輸ではこの研修を2010年から毎年行っており、研修内容としましては、普段行っている運転での燃費を計測した後に座学でエコドライブについて講習を受け、そのあとに講習で学んだ運転を実際に試してみてどの程度燃費が変わるのかを体験します。

講習によって得られた知識が目に見えて実感できることで、参加したドライバーの皆さんから『とてもよかった』と高評価をいただいています。

勤務中・プライベートを問わず日常的にエコドライブを実践することで車両に負担のかかる運転・ムダな運転を無くし、ひいては余裕をもって周囲に配慮した運転ができることで交通事故・トラブル削減につながると考えています。

酉の市に参加しました (2018)

11月13日、今年も酉の市に参加して参りました。

今年はマルタケ運輸だけでなく、関連会社であるアーネストカーゴ株式会社(飲食事業を本業とし、主にコメダ珈琲店のフランチャイズ経営を行っています)の社員も同行。

来年の更なる業績アップと交通事故・トラブルをお祈りして慣行となっている熊手を購入しました。