4月 2019アーカイブ

事故防止研修:『ドライバー研修』

埼玉県トラック総合研修センターにおけるドライバー研修を、昨年度は6回実施しました。今年度も昨年同様同センターにおけるドライバー研修を実施します。

2018年度は人身事故の発生はなかったものの、物件事故が多く発生しました。その中で日野フローズン営業所では、無事故継続期間が4月11日で500日を達成することができました。

マルタケ運輸株式会社は一丸となって交通事故「ゼロ」を目指して安全運転に努めていきます。

事故防止研修:『右左折時の歩行者・自転車の保護』

トラックに限らず車を運転すると、車が右折ないし左折した時の内側の前輪が描く軌道とと内側の後輪が描く軌道の差である『内輪差』や、車が右左折した時の外側の前輪が描く軌道と、外側の後輪が描く軌道の差である『外輪差』が発生します。

特に内輪差を意識しないで交差点を曲がると、支柱や塀などにボディの側面をこすったり、後輪が縁石に乗り上げてしまうことがあります。

曲がり角に歩行者・自転車などがいれば巻き込み事故を起こす危険性も増すので一旦停止と徐行及び目視確認を心掛けています。