11月 2019アーカイブ

新車10台が納車されました -2019.11-

2019年11月 4tトラック8台、3tトラック1台、バン1台が納車しました

新型車両には、フロント・テールランプともにLEDランプを採用し、
顔認識による居眠り防止、PCS衝突軽減装置、車両ふらつき・車線逸脱警報装置
ブレーキオーバーライドシステム等の先進安全装置を搭載しております。

これから各拠点に割り振られ、
新しいトラックと共に新たな気持ちで安全運転につとめていきます。

トラックのデザインは、純白の車体に太陽光を表すサンバースト・イエローのモチーフと
温かみのあるロゴマークを配置し、お客様や地域の方々により親近感を抱いていただける
デザインをコンセプトにしております。

新しいトラックとともに今後ともマルタケ運輸をよろしくお願いします。

事故防止研修:2019 秋の安全講話 草加警察交通課

2019年10月25日(金)本社会議室において下半期に向けた管理者全体会議が開催されました。

その一つとして草加警察署交通課警察官による交通安全講話が開催されました。
講話は、人身事故の約3割は追突事故で、危険を回避するために「0102」と数え
2秒以上の車間距離を保つことが重要と教わりました。
プロのトラックドライバーとして交通事故を起こさないようにしようと思ったところです。

『0102』・・・車間距離「2秒」の測り方!!

「1、2(イチ、ニ)」と数えると実際の2秒間より短い場合があるため、
数えるときは「0、1、0、2(ゼロ、イチ、ゼロ、ニ)」と数えましょう。

例えば、前を走る車が「電柱」を通過したとして、その通過の瞬間を「0」とします。
そして、自分の車が同じ「電柱」を通過するまでに「2秒以上」
数えることができれば車間距離が2秒以上あることになります。

【参考】車が2秒間で進む距離

走行速度:40km/h –> 2秒間に進む距離:22m
走行速度:50km/h –> 2秒間に進む距離:28m
走行速度:60km/h –> 2秒間に進む距離:33m
※埼玉県ホームページより引用

チコっと農園 – 2019年秋 –

会社敷地内のチコっとした空きスペースを有効活用。

食を育み、感謝の気持で、叱られずにボーっと生きてみるのもありかなと...

コキアが外階段近くに自生しました、ほのかに赤く色づきました

じゃがいも、ピーマン、トマトなど夏の収穫が終わり

秋の収穫がはじまりました

まずは、楽しみにしていました「さつまいも」を収穫しました...

(経理 兼 農園長)

ドライブシミュレータによる適性診断 草加営業所

草加営業所にてドライブシミュレータ(アクセスチェッカー)による簡易運転適性診断を実施しました。
実施期間:2019.10.21~24

ドライバーの高齢化が年々進行する中、加齢による反射神経の衰えなどを体感していただき
安全運転の一助となることを目的としています

(参加者の声)
自分の弱点を知り、無理のいない安全運転をすることが大切と認識しました。

それ以外に安全教養として以下を実施

◆マルタケ運輸の交通事故発生現状(4月~9月)
◇営業所別事故発生状況、月別発生状況
◆ドライブレコーダー確認結果
◇衝突箇所からの検証
◆衝突対象物
◇2019.12.1道路交通法一部改正
◆DVD活用教養『思い込みの危険』