ブランパンGTアジア 決勝レポート~Round.9-10 上海~

ブランパンGTアジア 決勝レポート~Round.9-10 上海~

マルタケ運輸も協賛をさせていただいているBMW Team Studieのレースリザルト第五弾。鈴鹿では初の優勝、続く富士では2日連続でポールトゥウインを達成するなど順調にポイントを獲得しているTeam Studie。

今回の舞台は中国、F1グランプリなどでおなじみの上海インターナショナルサーキット。

決勝Round.9。81号車はトップから、82号車は4番手からレース開始。序盤から後続を引き離し、3戦連続のポールトゥウインに向けて盤石かと思われた矢先、他陣営にコースオフが発生しセーフティカーが先導。その後も発揮できない展開が続き81号車は2位、82号車は4位でフィニッシュ。

続いて翌日に行われたRound.10。昨日と同じく1-4番グリッドからスタートした2台は序盤から好ラップを連発。Round.9で露見したタイヤ交換の課題も解消、ライバルの猛追を退け見事ワンツーフィニッシュを達成し、年間総合優勝に向けて大きく前進した。

システム管理者

コメントは受け付けていません。