事故防止研修:『右左折時の歩行者・自転車の保護』

事故防止研修:『右左折時の歩行者・自転車の保護』

トラックに限らず車を運転すると、車が右折ないし左折した時の内側の前輪が描く軌道とと内側の後輪が描く軌道の差である『内輪差』や、車が右左折した時の外側の前輪が描く軌道と、外側の後輪が描く軌道の差である『外輪差』が発生します。

特に内輪差を意識しないで交差点を曲がると、支柱や塀などにボディの側面をこすったり、後輪が縁石に乗り上げてしまうことがあります。

曲がり角に歩行者・自転車などがいれば巻き込み事故を起こす危険性も増すので一旦停止と徐行及び目視確認を心掛けています。

システム管理者

コメントは受け付けていません。