指導員への実技研修(2)

指導員への実技研修(2)

本日(8/10)は、『山の日』の祝日です。東京五輪で変則になっていますが、8と10で(健康ハートの日)でもあるようです。自然に感謝しつつ、『心と体のケア』に気を使い健康に従事したいと。ちなみに、弊社従業『山』がつく名字は、20人いましたその中で全国順位の高い『山本』さんは3人でした。だからなんだという話は終わりにしまして...

前回に引き続きのレポートです。改めて弊社では、過去のプロジェクトにて「指導員育成プロジェクト」を立ち上げ、各営業拠点に数名の指導員役を制定してきました。

今回は、指導員役への知識・技術向上を目的に外部講師指導員を招きいれ座学と実技の研修をしていいただきました。今回は実技の様子をレポートさせていただきます。


実技では、バックをする際の内輪差、特に後輪の位置をポイントに置きます

後輪には操舵機能がないため、後輪をできるだけ内側に寄せれば内側の障害物(ポール)だけではなく外側の障害物にも接触しません。さらに発進の事も考え可能な限り中心に駐めるようにします。

様々な実技を通じて出来るだけ、頭で考え体に覚えさせることにより技術をより深く吸収することを学びました。

今回は、我々安全課も大いに学ぶことができました。今後も安全課と指導員役が共に成長できるような企画を作っていきたいと感じました、その上で今後も乗務員の『心と体のケア』を大事に平静に安全運行できるような環境作りに努めてまいります。

(安全課)

システム投稿者

コメントは受け付けていません。