ニューノーマルな働き方を探る

ニューノーマルな働き方を探る

今回は、安全指導課の新たな試みについて紹介をさせていただきます。
対面による打ち合わせを極力削減し、事故面談や事故の現場検証などに注力できるよう働き方を探る

対面が必須ではない会議は、リモート会議にすることにより、出張コスト、移動時間コスト等を他の安全指導のコストに割り振れるようにする

下記は、埼玉県草加市と神奈川県藤沢市との間で定例の営業所会議への参加事例である。リモートにすることで、出張コストを2万5千円/回 削減することが出来ている事例です



また、コロナ禍においては、社用車を利用して3密で移動することへのリスク軽減、生産性をあげる働き方を探り、安全指導課として他者の見本となるような行動をすることを改めて実施いたします

安全課

システム投稿者

コメントは受け付けていません。