高速道路 もしもの時

高速道路 もしもの時

高速道路にて、もしも事故や故障などでやむを得ず停止した場合は、
◆路上に立たない
◆車内に残らない
◆安全な場所に避難する

上記の3つを実施することで自分の命を守ります。
そして『後続者に合図』『避難後に通報・連絡』をします。


緊急車両が通るときは、走行妨害が禁止されています、スピードを落とすことを後続車に知らせるためハザードを出して、さらに端により進路を譲ります


マルタケ運輸では、もしもの時を想定した安全研修を実施しております。
本日もご安全に!!

システム投稿者

コメントは受け付けていません。