安全キャンペーンタグ

シートベルトでスイッチON

全社にて安全キャンペーンを実施しました。
 ◆実施期間:2021/1/18~2021/1/31
 ◆主な取り組み:1)事故防止 2)キャンペーントレーニング

220人の方に参加いただき、後退時の安全確認のポイント、内輪差、オーバーハング等の再確認をしました。

キャンペーンを通じて、安全運行スイッチを「On」にしていただきました。

日頃の運転でも内面のスイッチを「On」にしてもらうため、
スローガンは、


<< 安全運行 シートベルトで スイッチON >>


『マルタケ運輸・秋の安全キャンペーン』 2019.9

マルタケ運輸・秋の安全キャンペーン』が2019年9月に行われました。
熊谷営業所では、トラックの構造上の特性を理解してもらうため、内輪差・リアオーバハングの体験を日頃使用しているトラックでトレーニングしてもらいました。

(参加者の声)
・感覚ではわかっているが改めて体験することで頭で理解できた

安全キャンペーンを実施しました。 (2018年度、第3回) 

3か月に1度行っている安全キャンペーンの第3回目を行いました。今回は『バック事故撲滅』に重点を置いています。

点呼時のコミュニケーション強化(出発時に管理者からドライバーに通常の声掛けのほか、さらに後退に関しての注意喚起を行います。)、トレーニングの実施(後方の危険認知トレーニング=後退時の後方への危険認知能力を高め、バック事故を起こさない感覚を養います。)