TOP
トップページ
マルタケ運輸について
安全への取り組み
環境をまもるために
物流サービス
お知らせ・新着情報
お問い合わせ
サイトのご利用について
× 閉じる

運行管理者不足と安全運行の課題に取り組む

#職場環境改善
マルタケ運輸では、日頃より運行管理者不足の解消と安全運行徹底の課題に取り組んでいます。

従来の運行管理を一部ロボット化することで、より効率的なオペレーションを策案出来ないかと考え、株式会社ナブアシスト様のご協力のもと「Tenko de Pepper」のデモンストレーションを行いました。

「Tenko de Pepper」は、法令で求められる対面点呼(本来は人間同士で行われる)を補完する形で運用され、①アルコールチェック ②免許証チェック ③本人確認 ④体調管理 ⑤運行指示・指摘事項の伝達を支援し、何らかの異常が発生した際には、管理者へ通知が届く仕組みになっています。

今回のデモを通して、人手の不足しがちな深夜や早朝の点呼の負担を軽減し、労働力確保難や働き方改革に伴う労働時間の削減、安全運行管理の一助としてロボットによる点呼の可能性や課題を探求していきたいと考えています。