TOP
トップページ
マルタケ運輸について
安全への取り組み
環境をまもるために
物流サービス
お知らせ・新着情報
お問い合わせ
サイトのご利用について
× 閉じる

ブランパンGTアジア 決勝レポート~Round.3-4 タイ~

#ブランパンGTシリーズアジア #BMW Team Studie #スポンサー #広報
『BMW Team Studie』ブランパンGTシリーズアジア、レースリザルト第2回。今回の舞台はタイの東北部に位置するブリーラム、チャーン・インターナショナル・サーキット(旧ブリーラム・ユナイテッド・インターナショナルサーキット)。5/12~13にかけて決勝レースRound.3-4が行われました。

まず12日に行われた決勝Round.3。予選Q1暫定順位が2番手と6番手だった81/82号車でしたが、TOPと3番手の2台がレギュレーション違反でグリッド降格したためポールポジションと4番グリッドからのスタート。

優勝が狙えるチャンスでしたが、81号車は接触によるアクシデントなどのトラブルが重なり、リカバリーを図るも10位完走。82号車は順調にLAPを重ね、ライバルAMG GT4らを猛追したものの表彰台に一歩届かず4位でフィニッシュ。

翌13日に行われた決勝Round.4は81号車がフロントロー、82号車は3番グリッドからのスタート。前日同様、際立った速さを見せるAMG GT4にオーバーテイクを許したものの3・4番手をキープし2台揃っての表彰も見えてきたところで81号車にセンサー系のトラブルが発生してしまい11週目でリタイア。

一方82号車は終始安定した走りで3位をキープしたままフィニッシュし、マレーシアで行われたRound.2に引き続き表彰台を獲得した。

---------- 以下代表鈴木康昭チーム代表兼監督のコメント ----------

「結果は81号車がセンサー系のエンジントラブルでリタイア。82号車は見事3位で初の表彰台に登ることが出来ましたが、2台で明暗の分かれたレースでした。82号車に関しては、浦田選手・Max選手が最後まで素晴らしい走りで表彰台を獲得。チームみんなで喜ぶ事が出来たとても良いレースでした。

81号車に関しては世界で70台近く走っているM4GT4のどのマシンも体験したことが無い、最も暑いコンディション下でのレースで、どのマシンにも出た事がないはじめてのトラブルでした。このレポートはすぐにドイツに送られ、次の鈴鹿やその他の更に暑いレースで同じ事が起きないように対策が行われます。

昨日からネガティブなことが続いた中、最後の最後に82号車が表彰台に昇ってくれたのはとても良かったです。いよいよ次は鈴鹿と富士。ここはどうしても負けられませんので頑張ります。引き続き応援よろしくお願いします。」

・ブランパンGTシリーズアジアについてはこちら(外部サイト)