TOP
トップページ
マルタケ運輸について
安全への取り組み
環境をまもるために
物流サービス
お知らせ・新着情報
お問い合わせ
サイトのご利用について
× 閉じる

ブランパンGTアジア 決勝レポート~Round.7-8 日本(富士)~

#ブランパンGTシリーズアジア #BMW Team Studie #スポンサー #広報
マルタケ運輸も協賛をさせていただいているBMW Team Studieのレースリザルト第四弾。今シーズン初の優勝を果たしたRound.5-6に引き続き、舞台は日本。知名度も今や鈴鹿サーキットと双璧を成す静岡県『富士スピードウェイ』。首都圏から近く、スーパーGTやF1グランプリも開催されている屈指の人気サーキットです。

予選からチームは絶好調、81号車・82号車ともに好タイムを叩き出しポールポジションと2番手グリッドスタートという盤石の態勢で決勝Round.7がスタート。浦田選手の82号車はスタート時のトラブルやドライブスルーペナルティを受けたりと若干のアクシデントもありましたが安定した速さで5位フィニッシュ。81号車はスタートから圧倒的な速さで今シーズン初のポールトゥウィンを達成。

続いて翌日に行われたRound.8。昨日からの連勝が期待される81号車砂子選手はこの日もスタートから圧巻の走り。特にトラブルもないまま周回を重なるごとに他社を引き離す完璧なレースで見事連続優勝。

一方2番グリッドからスタートした82号車は序盤に他車から接触を受け7番手までポジションを大きく下げたもののそこはベテランの木下選手。怒涛の追い上げで他車を次々にパスし、3位でフィニッシュ。ワンツーフィニッシュとはならなかったものの見事な走りでした。

<hr>
鈴木康昭チーム代表兼監督:
81号車はRd.7、Rd.8ともポールトゥウィン。完璧な勝利でした。昨日残念なレースに終わった82号車は、今日も残念ながら序盤にクルマを当てられて、2番手から最後尾まで後退。しかし、そこから怒濤の追い上げで見事3位Finish。チーム2度目のダブルポディウムを達成することが出来ました。10年以上レースに参加していますが、今週末は10年に1度あるかないかのレベルで、全てがうまく噛み合っていました。レース参戦は99%が大変。残りの1%だけが喜びだと思いますが、今日はその1%を10年分使ってしまったくらい、良いレースでした。次戦からはいよいよ中国Rd.。マレーシアやタイはスーパーGTで経験がありましたが、上海そして寧波は初めての地です。様々情報収集をして、シリーズチャンピオンを確実に手に入れたいと思います。引き続き、応援よろしくお願い致します。

<a href="http://www.blancpain-gt-series-asia.com/" title="ブランパンGTシリーズアジアオフィシャルサイト" target="_blank" style="font-style:;text-decoration:underline;color:#f90">・ブランパンGTシリーズアジアについてはこちら(外部サイト)</a>